身近な医療情報

排便時出血について


 排便に伴って出血したことがある人は少なからずいると思います。痔からの出血だろうと考えて、しばらく様子をみるようにしている方がほとんどでしょう。鮮血(真っ赤な血液)がトイレットペーパーについたり、ぽたぽた滴れたりする場合は痔からの出血と考えて良いと思いますが、血液が便に混ざっていたり、粘液に血液が混ざっているような時には注意が必要です。また、血液の色が少し黒ずんでいるときも注意が必要です。

(1) 血液が便に混ざっている場合
 大腸の肛門に比較的近い部分からの出血が考えられます。主な病気として、大腸がん、少し大きくなった大腸ポリープ、結腸憩室症(出血することはあまり多くはありません。)などが考えられます。

(2) 粘液に血液が混ざっている場合
 大腸の炎症が考えられます。主な病気として、潰瘍性大腸炎(大腸に浅く小さな潰瘍が多発する病気で、原因はまだ良く分かっていません。)、大腸クローン病(これも原因不明で、大腸に縦長の深い潰瘍ができる病気)、直腸粘膜脱症候群(排便時の息みが強すぎて肛門近くの直腸粘膜がただれてしまった病気)などです。あまり多くはありませんが、粘液を分泌する大腸ポリープもあります。

(3) 血液の色が少し黒ずんでいる場合
 痔からの出血ではないことが多いようです。比較的早期の直腸がんは他に何の症状もなく、これだけで発見されます。ある程度進んだ直腸がんでは、この症状の他に排便回数が多かったり、排便しても便が残った感じ(残便感)などを伴います。

 以上のような排便時の出血があった時には、必ず専門医の診察を受けることおすすめします。また、痔からの出血でも、強い痛みを伴う場合は裂肛(いわゆる切れ痔)といって、手術をしないと完治しないこともあります。また、脱肛を伴う場合には出血量が多くなり、重度の貧血になることもあります。これも、手術をすれば完治します。

ページのTOPへ